· 

土粘土で遊ぶ

今日の保育園でのアートあそびは、40kg近くの「土粘土」

 

カチカチに固まった土粘土と、柔らかいままの土粘土を、子ども達の前に置くと

子ども達は、大人の想定を超えて、土粘土の楽しみ方をどんどん開拓していきました~

木槌で砕ガンガン砕く。

水に溶かすと、トロトロになるよ~

粘土と水をビニール袋に入れてみた。
袋に穴を開けたら、水が出た!

「おしっ〇!!」すごい発見だ。

硬い粘土は絵が描ける~💛

柔らかい粘土も、投げると簡単に貼り付くよ~

これは楽しい💛

足で踏み踏みするのも、ぬるぬるして楽し―――✨

目の前にある素材で、楽しい事を見つける天才達。

手に付いた粘土が、ガサガサしてくる事にも目を輝かせます✨

粘土を水の中にボチャ!と落とす。水が跳ね返るのも楽しい!

全身、粘土まみれで遊ぶ子ども達。

 

わあああ~

いつの間にかシートの上は、粘土だらけ💦

 

 

もっといろいろな場面があったけど、私の手がドロドロで写真が撮れませんでした💦

 

 この保育園の子ども達は、自分で考え、選び、決めていくなあ。

「終わっていい?」じゃなくて「終わりにする」

「やらなくていい?」じゃなくて「やらない」

「やっていい?」なんて聞かれたことないし(^_^;)

 

日常的に、自分の判断、選択、が尊重されているのだろうと思います。

周りの子が粘土だらけになる中、

1人だけ、集中して作品らしいものを作ってくれました。

「マシュマロ💛」

ママにプレゼントするんだって~