カテゴリ:アートあそびラボ



破いて、切って、壊して、そして創って遊ぶ
保育園のアート · 2021/12/21
横浜市内の保育園での、アートあそびの時間。 子ども達と一緒に、アルミホイルで遊ぶことから始めました。 そのうちに彼らは、握ると自由に形が作れる事に気づき、自然に何かを創りはじめます。 破る、折る、握る、たたく、投げる、等々は <それを知る>ために必要な行為なのかも。どうしたらどうなるか、そいつが何者なのかを知る。 子ども達は、未知のものを触り、壊しながら、世界を知っていくのかもしれません✨

子ども達とアートで遊び、保育士の先生方との対話で見つけていくもの
保育園のアート · 2021/08/29
横浜市内の保育園。子ども達とアートで遊んだ後、保育士の先生方と、振り返りの対話をしています。 起きたことから、子どもたちの言動から、「それはなぜだろう?」と対話を重ね、子ども達の中に起きていることや、大人の在り方を見つけていきます。 この日は3歳の子ども達の前に、スライムや泡のできる素材を置いて 混ぜて遊びました。

大人にとっては茶色でも 子ども達にとっては、にじいろ✨
保育園のアート · 2021/05/24
子どもが保育園などから持ち帰る作品が、 グレーのような、茶色のような、混ざった色で塗りつぶされていて 「はあ~もっときれいに描いてほしい・・・」 とため息をついたことありませんか? 子どもたちとアートを通して、一緒に過ごしていていると 絵の具を、全部混ぜ合わせていく姿に出会います。 できる色はグレーのような茶色のような色。 大人は傍から見ていて 「あ~汚い色になっちゃた…」と思いがち。 ところが子どもたちは 「見て!いろんな色!」「ほら、にじいろ!」「カラフル~」「きれい!」 と目を輝かせます。 え?いろんな色?! どうやら子どもたちは、いろいろな色が混ざっていく過程に目を凝らし そのグレーのような色が、いろいろな色からできていることを体感しているのかもしれない。 そして出来上がった色の中に 赤や黄色、青など、いろいろな色を見ているんじゃないか?

真剣に全集中!アートで遊び続ける子ども達
保育園のアート · 2021/05/20
横浜市内の保育園で、美術あそびの時間。 シンプルな素材で、2時間近く、真剣に!遊び続ける子ども達。 次から次におもしろい事がひらめき、探求し、発見していく彼らは、なんと創造的なのでしょう。 子ども達は日常の全てが、発見!感動!楽しい!の連続なのかもしれません。 この素晴らしい創造力と探求力。 否定されたり、受け止めてもらえないと、しぼんでしまいます。 「こうなるに決まってる」とか「意味がない」などと言わずに 子ども達と一緒に、それを楽しんでみてください。きっと世界がおもしろく見えていきます✨