· 

<トロトロ絵の具>Kちゃんが見つめるもの

こんにちは、アートあそびラボの、かるべです。

 

保育園で子ども達と、トロトロ絵の具で遊びました。

「お家にもって帰りたいの。冷蔵庫に入れておくの」

3才のKちゃんが持ってきたのは、グレーにになった絵の具が入った容器。

このなかに、Kちゃんのどんな時間が詰まっているのでしょう。

 

 

始まる前の準備の時から、素材を見つめて、ワクワクと期待が高まっています。

触りたい!これは何なのか知りたい!

そんな、前のめりの思いが伝わってきます。

トロトロした絵の具を、黒い紙に垂らしたりしてみる事を提案してみました。

早速、さっき見つめていたラメを絵の具に混ぜています。

違う色の絵の具を混ぜてみます。

色はどんどん濁色になっていきます。

隣の子がどんなにダイナミックな事をしていても、気にしません。

一心に一つのカップを見つめています。

どうやら最初に、紙に絵の具を垂らしてみた痕跡が残っています。

しかし、もうこの時点で、Kちゃんにとって黒い紙は目に入っていません。

「紙に垂らしてみたら?」ちょっと投げかけてみましたが

興味なし。

カップの中を見つめ続けます。

カップの中身を手に付け始めました。

感触?温度?匂い?何を感じているのでしょう。

じっと手と絵の具を見つめています。

手を洗いに行って、戻ってきてから

キラキララメの糸をカップに入れています。

そうやってできたのがこちらです。

Kちゃんはこの時間ずっと、このカップの中で起きる事で遊んでいました。

Kちゃんの心をとらえたのは、描くこと、作品を残す事、きれいな色を作る事ではなかったみたいです。

 

色の変化を見つめ、感触を味わい、いろいろな事を探求した時間が

この小さなカップの中に詰まっているのでしょう。

 

出来たものを、きれいとか上手とかで評価することはできません。

そんな事よりも、Kちゃんにとって、もっと大事な価値がこの中には詰まっているのだと思います。

 

「わあ!」でもなく「みてみて!」でもなく

一言も発せずに、カップの中を見つめ続けるKちゃん。

大人に比べて、まだ語彙力が少ないですが、ずっとカップの中で起きる事と対話をし続けたのでしょう。

 

そう思うと、この色がとても豊かな色に見えてきます✨